板橋区伝統工芸保存会 -会員作品-

Itabashi-ku Traditional crafts Member works

木彫刻 佐藤昌月
木彫刻 佐藤昌月

日本における木彫の歴史は、一説によれば6世紀の仏教伝来とともに始まったと言われています。平安時代から鎌倉時代にかけて多くの仏像が彫られました。室町時代になると神社や寺院の柱、欄間などに装飾を施す建築彫刻が急速に発達しました。建築彫刻は元々大工が手掛けていましたが、江戸時代に棟梁の中から装飾を専業とする宮彫師が現れました。明治時代になり洋風建築が現れると、寺社の装飾に携わっていた職人たちも洋風彫刻に挑戦しはじめるようになりました。そして今日でも江戸木彫刻の技術は受け継がれ、私たちの身の回りの家具などに生かされています

甲冑師 三浦公法
甲冑師 三浦公法

現在日本で数人しかいない甲冑職人の一人。大学生時代、デパートの展示会で甲冑と出会う。そこで甲冑に魅せられ、大学卒業後に甲冑師・森田朝二郎氏の下に弟子入り。31歳の若さで日本甲冑武具研究保存会から推薦甲冑師の指定を受ける。以降、全国の博物館などに奉納されている甲冑の修理や戦国当時の甲冑の完全復元制作などを手がけている。

江戸筆 佐久間 鳳翔
江戸筆 佐久間 鳳翔

厳選された材料を数多くの工程経て仕上げる「江戸筆」。その数多くの工程を一貫して仕上げ、又、小筆から大筆の様々な筆を作れるのも特徴の一つです。 ご連絡は下記Go to linkをクリックして、 HPよりお願いします

提灯 早川俊男
提灯 早川俊男

ご連絡は下記Go to linkをクリックして、 HPよりお願いします

真田紐 市村藤斎
真田紐 市村藤斎
振りA 白石1
振りA 白石1
江戸小紋
江戸小紋
根付彫刻
根付彫刻

中村和明 「太古の王者」根付とは、印籠(いんろう)、巾着(きんちゃく)、煙草入れなど腰にさげる提物(さげもの)の紐の先端につけて帯にとめる小彫刻。帯車(おびぐるま)、帯挟(はさみ)、懸垂(けんすい)、墜子(ついし)ともいう。材料には象牙と木材がもっとも多く用いられ、動物の牙、爪、骨などのほかに、金属や陶器も利用され、工芸の各種技法が駆使されている。意匠は神仙、怪奇、故事、風俗、動植物、その他多種多様であり、奇抜な仕掛けをした絡繰(からくり)根付もある

東京三味線 高橋一義
東京三味線 高橋一義
鼈甲眼鏡 岡匡巳
鼈甲眼鏡 岡匡巳
牙彫 根付
牙彫 根付

象牙を材料とし彫刻を施したもの 手の平に収まる大きさに丸みを帯びている 紐を通す穴や、細工が施されている ご連絡は下記Go to linkをクリックして、 HPよりお願いします

念珠 伊藤匠
念珠 伊藤匠
作:野溝天水
作:野溝天水

象牙材・般若ループタイ

鈴木健治
鈴木健治

サンドブラスト彫刻

石塚 表具
石塚 表具

-旧会員-伝統工芸作家の作品

桜井 広晴 作
桜井 広晴 作
江戸凧
江戸凧
合原 源太郎 作
合原 源太郎 作

墨壺

刺繍
刺繍
小林 義隆 作
小林 義隆 作

彫刻業. 宝飾師

一之瀬 高弘 作
一之瀬 高弘 作

刀剣柄下