板橋区指定及び登録無形文化財保持者

東京手描き友禅 寺沢森秋

甲冑師 三浦公法

江戸筆 佐久間鳳翔

表具・経師 石塚 裕

DSC_0070早川俊男_edited.JPG

​提灯(手描き)早川俊男

板橋区伝統工芸保存会 歩み

歴代会長

一代目会長 佐藤昌月

二代目会長 三浦公法

三代目会長 真鍋道朗

四代目会長 佐久間末男

​五代目会長 寺沢森秋

       

 

保存会の発足は板橋区賀詞交換会での

顔合わせが始まりでした。

発足前は、伝統工芸品の紹介は板橋区郷土資料館

主催の催し物が板橋伝統工芸展でした。

工芸品の搬入、会場の手配、飾り付け等は

資料館で行って頂きました。

私達は実演、工芸品説明等を致しましたが

伝統工芸品の紹介は板橋区在住の職人さんが

一堂に集結し、実演や体験・工芸品を展示してこそ

展覧会ではないのかと考え

保存会が発足する事により、異業種交流が出来、

お互い切磋琢磨し技術の向上、家業繁栄に繋がるのではないかと考え、

是非保存会を創立しようとの話がまとまりました。

6人が発起人となり、会の規約作り・会員の募集・役員の構成を試行錯誤しながら話を進め。

 

平成16年6月18日

板橋区伝統工芸保存会が創立したのです。

 

                        

保存会の発足