小林福司-東京染小紋

細かい模様柄の型染めを小紋型染と呼んでいたことから、

染小紋の名が伝えられたといわれています。

この小紋に使われる型紙は、

熟練した技術者による手彫りの伊勢型紙が用いられています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小紋の発祥は室町時代にさかのぼることが出来ますが、

技術的に発達し広く普及しはじめるようになったのは、

江戸時代初期に武士の裃(かみしも)に染められるようになってからです。

そのため小紋の色柄も渋く単調なものが基本で、

それがまた江戸小紋の特徴でもありました。

このようにはじめは武士だけのものでしたが、江戸時代中期には、

庶民のあいだにも広まり、後期には武士・町人を問わず、

男女とも愛用するようになりました。

その後明治時代になると、欧風化に伴い男性の小紋は減っていきましたが、女性の着物としては前以上に人気が出、現在にまで及んでいます。