寺島広竜 江戸象牙の流れを継ぐ牙彫師

                                 牙彫「げちょう」「げぼり」。

 

牙彫は動物の牙、主に象牙を用いた細工物のことです。

奈良時代からみられ、江戸末期に根付け細工として盛行。

明治時代には彫刻的な作品も作られました。

牙彫は古く伝統的な芸術品であると同時に、工芸美術品でもあります。

象牙彫はきめ細やかな材質を用い上品で精巧な彫刻芸術なので

鑑賞家や収蔵家に好まれています。